TOEICスコアを活かした資格一覧 高スコア取得後にするべきこと

こんにちはタクモです。

TOEICスコアを活かしきれていますでしょうか。なかには高スコアをとれば〇〇が免除などのメリットも大いにありますので、調べた結果をご紹介します。

また、TOEIC高スコアを取得した後に行うおすすめも合わせてご紹介します。

その①全国通訳案内士

まずご紹介するのは英語学習者の中でも高レベルな資格となっている、「全国通訳案内士」です。

公式HPには、TOEIC L&Rスコア900点以上であれば英語の試験が免除となるとのことでした。

そもそもこの資格についてですが、国家試験となるため国家資格を得ることができます。

試験内容は  

①外国語(英語含む)②日本地理 ③日本歴史 ④産業・経済・政治及び文化に関する一般常識 ⑤通訳案内の実務

この5つの試験科目となっています。そのため学習する範囲も広いため外国語の試験が免除となるだけでもかなり負担が減ることが考えられます。

全国通訳案内士は、通訳案内士法において「報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を⽤いて、旅⾏に関する案内をすることをいう)を行うことを業とする」とされています。国家試験に合格したのち、「全国通訳案内⼠」として都道府県に登録をします。

日本政府観光局

フリーランスで活躍したい人や、英語力を生かしたい人にとってはメリットが多い資格となります。

ただ最近の法改正により、当資格を有していなくとも報酬を得て通訳案内をできるようになったそうです。

その②教員採用試験

続いては教員採用試験でのTOEICスコア利用です。

実は私もこちらの制度を利用いて採用試験を受けました。

都道府県によってバラバラですので、受験される自治体によりスコア活用がまちまちです。県によっては一次試験専門教科免除などかなりメリットの大きい自治体もありますので、これから受けられる方は参考にしてみてください。

免除のところでいうと、神奈川県はTOEIC730点以上で教科専門試験が免除となることが公表されております。

また福岡県の場合は段階的に区分が設けられており、

①TOEIC 550点以上 英語に関する試験を免除

②TOEIC 730点以上 専門教科(英語)の試験と2次試験の英語面接の免除

③TOEIC 900点以上 専門教科(英語)の試験の免除

となっております。謎なのが900点以上は2次試験の英語面接は免除されないという点は間違っているのではないかと思ってしまいます…。

その他各都道府県すべてでTOEIC有資格者の免除もしくは加点を行っております。特に英語採用人数も比較的多いことから受かる確率は他教科よりも高い傾向にあります。

その他気になる情報についてはTOEICのサイトがまとめているものがありますので、リンクを貼っておきます。

TOEIC Tests教員採用試験における活用状況2021 (iibc-global.org)


その③各大学入試

最後にご紹介するのは大学入試利用です。

実をいうとほとんどの大学ではTOEIC L&Rだけでは利用できず、S&Wも必要となっています。

大学入試への利用だけを考えるとTOEICよりも英検の方が有利に働くことがありますので、高校生で資格利用したい方は特に注意が必要です。

こればかりは、癒着なような気がしてならないのですが…TOEICよりも英検有利な状況は続いています。

進路指導の際もこういった情報を知っているため、本音を言えばTOEICを受けていたほうが今後活かせることも多いと思うのですが、実情を考慮して英検受験を勧めています。

資格試験の利用についてはこの記事でまとめてありますので、ご覧ください。

TOEIC高スコア取得後にやるべきこと

TOEIC高スコアが取れれば一流と互角に渡り合える可能性がでてきます。(英語の部分については)また、高スコアを取れたということは、学習法の確立や努力、自信が付いた状態になると思います。そういったモチベーションを維持して、他の資格を取得するということが望ましいと私は考えます。実際私も簿記検定(まだ3級ですが…)を学習し、他の資格試験にもチャレンジしてみようと思っています。

こういった努力や資格などが転職市場や就職活動で大きなアピールポイントになってきます。社会人になっても努力して勉強している姿や姿勢は面接官の目にも留まるはずです。なのでそのモチベーションを保っていろいろな方向に向かっていきましょう。

英語に関する試験でいえば、英検やIELTSなど、通関士などの試験に臨むとキャリアが広がります。また学習法の確立をできたみなさんであれば他の資格試験、例えば簿記検定や中小企業診断士などの資格を取得すると事務系の採用にも強味がでてきます。

現在私は簿記検定合格後、TOEICS&Wに挑戦しています。おそらくスピーキングについては全然ダメだったので、再挑戦をする予定です。年内には目標とするスコアを獲得できるように学習を積み重ねていきますが、それ以外にも挑戦していきたいこともたくさんあるので学習計画を立てることが一番大切となってきますね。次の目標は英検1級取得、簿記検定2級合格といったものを今年の目標に建てました。

正直かなりスケジュール的には厳しいかと思いますが、朝活や学習計画の工夫で乗り越えていきたいと考えています。

まずは高スコアを取得することを第一に考えてみてください。


まとめ

TOEICを利用したスコア活用についてまとめてみました。正直思ったよりは他の資格に活かせないということがわかりましたが、就職活動では圧倒的に有利に働くため費用対効果は高い資格になります。特に900点を超えた場合は強力なアドバンテージとなりますし、800点以上取れていれば大手企業にも応募できるチャンスが出てきます。私自身有名大学出身ではないこともあり、必死で900を取ることにしました。そうすることで少なからず自信をつけることができ、上場企業への挑戦もすることができています。

そういった背景もありTOEIC学習者の方を応援したいという思いをみなさんへ伝えていきたいと思っています。

何か気になることや疑問点などありましたらお問い合わせください。今後メルマガなども配信していきたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA