もっとも使われているTOEICで出る単語は何?ChatGptに聞いてみた

こんにちはタクモです。

TOEICで使用頻度の高い単語は何なのか?ずっと気になっていましたので、自分で調べるよりも聞いた方が早かろうということで、ChatGptに聞いてみることにしました。

みなさんはどれだと思いますか?

今回は、a,the, he などのどう考えても使われるだろうというのは除いております。

私は個人的には、shouldじゃないかなと思ってます。多分絶対違う気がしますが…。

単語のみで聞いてみた結果

最も使われているであろう単語は、以下のようなものがありました。

今回は一番上位に挙がった単語を一番とさせていただきます。

栄えある単語1位は・・・”company” でした。

意外といえば意外ですが、確かにめちゃくちゃ出てくるなという印象です。

ちなみに2位以降はこのようになっていました。

  1. Company(企業)
  2. Product(製品)
  3. Customer(顧客)
  4. Sales(販売)
  5. Market(市場)
  6. Manager(マネージャー)
  7. Business(ビジネス)
  8. Office(オフィス)
  9. Employee(従業員)
  10. Meeting(会議)

ご覧の通りの内容ですが、さすがはビジネス系の試験だけあってビジネス用語ばかりですね。

ただ、ChatGptの注意書きとして、

ただし、これらの単語は一般的に使用されるビジネス関連の単語であり、TOEICテストで特に頻繁に出題されるというわけではありません。TOEICテストの出題範囲は広範であり、ビジネス関連の単語だけでなく、一般的な日常会話や社会的なトピックに関連する単語も含まれています。したがって、TOEICテストに備える際は、単語だけでなく、文法やリーディングスキルの向上も重要です。

ChatGptより

このように、実際の問題から引っ張ってきたわけではなく、AI上の中で判断をしたということがわかりましたので、正確なものではないということがうかがえます。

ですが、ある程度は参考になると思います。名詞ばかりでは参考にならないので、動詞バージョンも聞いてみました。

動詞に絞って聞いてみた結果

動詞だけで聞いてみた結果1位は・・・”provide” でした。

これは予想通りかもしれませんが、確かによく見かけます。

こちらも2位以降を参考までに載せておきます。

  1. Provide(提供する)
  2. Increase(増加する)
  3. Decrease(減少する)
  4. Improve(改善する)
  5. Achieve(達成する)
  6. Recommend(勧める)
  7. Attend(出席する)
  8. Analyze(分析する)
  9. Develop(開発する)
  10. Negotiate(交渉する)

このようになっていました。

う~ん、確かにほんとによく見かける単語ばかりですね。

これらの単語はほぼ毎回出ていますし、前置詞とのセットや構文としても扱われているので、押さえておかなければならないシリーズですね。

公式問題集などでも頻出単語がわかればいいですね。

こういったデータなどから「金のフレーズ」などは作られているそうなので、そう考えると「金フレ」は作りこみ方が半端じゃないんだなと思います。

単語は頻出度で覚えるべき単語をおさえよう

英検などは問題が持ち帰ることが可能なので、そこのデータからサンプルを抽出することができますが、TOEICは問題の持ち帰りは御法度ですし、唯一公式問題集が頼りになっています。

そういったことを踏まえると「〇〇のフレーズ」シリーズは著者の実践を基にと、おそらく公式問題集からも参照しているのではないかと思いますが、そういったデータ分析から作られているため、優良な単語本と言えますね。

英検とTOEICでは出題される単語の種類が異なるものも多いですし、大学受験ともまた違うところもあるので、やはりTOEICを意識するのであれば、「〇〇のフレーズ」シリーズが最も効率的かつ、効果的と言えます。

ちなみに今現在は「キクタンTOEIC990」を試しに買ってやってみます。今後比較などもしていこうかなと思います。

キクタンTOEIC® L&Rテスト SCORE 990 [ 一杉 武史 ]

価格:1,760円
(2023/6/13 21:31時点)
感想(1件)

キクタンTOEIC® L&Rテスト SCORE 600 [ 一杉 武史 ]

価格:1,760円
(2023/6/13 21:32時点)

今後単語の覚え方の記事も作成しようと思いますが、簡潔に示すと書いて覚えるは非効率です。

やはり声に出していくことや、聞くと見るを同時に行って脳を刺激するなど効果のあるもので行うことをおすすめします。

まとめ

今回はChatGptによるTOEICでの最も使われている単語を調べてみました。

結果的には、あんまりおもしろい単語はでてきませんでしたが(そりゃマニアックなのは出るわけないですが…)、参考にはなったのではないかなと思います。

TOEICは前置詞とのセットで覚えるものや構文もかなりの頻度で出ますので、今回調べたベスト10くらいの単語の構文などは押さえておくことを強くおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA